ゆとりが物申す

政治について個人的に意見を述べていきます

稲田防衛大臣 辞任発表の意図、民進党の動きは?

こんにちは

廣です。

27日は蓮舫代表の辞任発表や自民党議員の今井絵理子議員の不倫スキャンダルなど注目を集めるニュースが流れておりましたが、それに続くように夕方すぎ稲田防衛大臣は辞任の意向固めると発表され、朝から目の離せないニュースで上書きを繰り返すような一日でした。

 

8月の内閣改造を目前にどうして?

皆さんご存知の通り内閣改造が8月3日と目前に控えております、なのでこのタイミングであえて辞任の表明というのが疑問ではありました。

 

そして稲田防衛大臣といえば詰めの甘さで度々民進党やマスコミにとりあげられ狙い撃ちにされており、ことある事に話題にされておりました。

 

最近ですと都議会選挙での応援演説での発言、あれはあきらかな失言であり支持者からも見切りをつけられた出来事だったのではないでしょうか。

 

正直内閣改造で変わる有力候補であろうと安倍内閣支持者の方々から見ても明らかでした。

 

とはいえ辞任の発表をあえてされました、これは総理の任命責任にかかわる動きであり、もちろん稲田防衛大臣の独断ではなく内閣判断と思われますがどうしてなのでしょうか。

 

民進党は代表戦の準備に大忙し

 理由として考えられるのがこの点、民進党はいま代表を決めるため内閣批判のために時間を避けない。

 

さらに民進党の代表も自身の力不足を理由に辞任の発表をしており、常識的に考えれば稲田防衛大臣の話題をあげれば民進党蓮舫代表の件も目だってしまい一番追求できない絶妙なタイミングである可能性。

 

またメディアもニュースが多すぎで対応できておりませんでした、昨日はマスコミも大忙しだったことでしょう。

 

今井議員スキャンダル→蓮舫代表辞任→蓮舫代表記者会見→稲田防衛大臣辞任発表

 

自民党からすればこの機会は無視できなかったのかもしれません。

それだけ内閣が早く処分したかったのか、それか内閣も身を切ることで支持率の回復のための布石か、それは定かではありませんがそれだけ安倍内閣は支持率を気にしているのでしょう。

 

当の民進党の代表候補

そんな中現時点で代表戦に意欲を表明している議員は2名

 

前原 議員 2016年代表戦 出馬

枝野 議員

 

また2016年代表戦に出馬した玉木議員はまだ意欲があるかは明言しておりません。

しかしさすが最大野党、これだけぼろぼろになっても候補者は出てくるのですね(見知った顔ですが)ただ考え方によっては確かにもうこれ以上無いくらい下がった支持率、今代表になれば支持率V字回復の立役者になれるでしょう。

 

また注意するべきは共産党がいまだに野党共闘路線を叫んでおり、民進党代表が変わったところですぐには縁は切れそうに無いということでしょうか。

保守派の民進党議員さんは本当に嫌であることでしょう。

 

最後に

この8月9月は安倍内閣内閣改造民進党は代表戦とお互い一旦仕切りなおしと言ったところでしょうか、私としても内閣改造は気になるところアンテナをたてて注視していきたいとお思います。

 

 

 

民進党の蓮舫代表 辞任の意向発表、これをうけてマスコミは?

こんにちは

廣です。

本日、民進党蓮舫代表が辞任の意向を発表されたようです。

このタイミングでの辞任、「やっとか」という気持ちもあれば「このままうやむやにされてしまうのか」という気持ちもあり、なにか釈然としない気持ちです。

しかしながら、コレをきっかけに国会運営が少しづづ正常に戻ってくれるのではないかという淡い期待をしてしまいます。

 

蓮舫代表により変わる事

まずは民進党の行動はばらばらになり、反自民の動きはちぐはぐになっていくのではないでしょうか。

そもそも支持率も5パーセントほどまで落ちてしまい、野党最大政党とは思えない存在感の民進党、一体どれくらいの人が残るか怪しいものですが。

もし残る人がいるとすれば、今まで国政をないがしろにしてもともと問題の無い話題を槍玉にあげ戦争が起きそうな大切な時期に率先して政権批判を行っていた、民進党はそんな政党であることを少なからず国民は覚えていることを忘れないでほしいものです。

 

変わらないこと

マスコミの反安倍政権報道 コレに尽きます。

もはやマスコミは安倍政権の支持率がさげられれば何でもよく、仲間であった蓮舫代表がいなくなろうと関係なく手段を変えて偏見報道を続けるでしょう。

7月もひどかった印象です、私事ですが7月は忙しく全くブログの更新が出来ず記事にしたいニュースがあったもできなかったのですが。

加計学園騒動で国会の答弁された加戸守行 前愛媛県知事の発言

自民党 青山繁春議員の国会での質疑での発言 

など、直後直前の前川氏の発言や蓮舫代表の発言は何度も何度も報道するのに彼らの答弁は全く報道せず、わかってはいたのですが実際にまるで無かったかのような報道をしていると不快な気持ちになりますね、、

またこういった民進党や反安部政権に都合の悪い部分は徹底して報道をしない偏見報道を繰り返すマスコミを見ると、やはりはあまり日本にいい影響を与えないのだなあ、と感じてしまいます。

 

最後に

しかしながら恐ろしいのはこれでも国民からの安倍政権の支持率が落ちてしまっていること、8年前と違うところは安易に別の政党を支持していないという点でしょうか、支持政党なしという割合が増えています。

この支持政党なしをどう見るか、肯定的に見れば国民の関心の高さの表れか、または話題性にとびつき中身を見ないで支持をかえてしまう無関心さのあらわれか、、

いずれにしても私が言いたいことは現状まともに日本の舵取りをできるのは安倍総理であり、また代わりに総理になれる人はいないと思っているということです。

理由は国内政治もそうですが、外交面がもっとも大きいです。

近年ではダントツにうまく外交で成功をおさめているのではないでしょうか、コレだけの影響力を持っている人物の代わりがいるのでしょうか、これは日本のステータスです失うにはあまりにも惜しい。

マスコミはこの事を理解しています、そしてわかった上で代わりのいない安倍総理ネガティブキャンペーンをずっと展開しているのです。

意欲のある若手議員さんが出てくるまではまだ時間がかかるでしょう、それまではなんとしてでも安倍総理にがんばって頂きたいものです。

都議会選挙 結果に

こんにちは

廣です。

 

個人の事情で更新がとまっており申し訳ありませんでした、記事の内容自体も数日前のもので、重ね重ね申し訳ありません、お暇があれば見ていただければとおもいます。

 

ついに先日都議会選挙の結果が出ましたね、結果はなんと皆さんもご存知の通りの都民ファーストの圧勝で、自民党は歴史的大敗北となりました。

そしてこの結果から浮かび上がってきた結果を個人的な感想で述べて生きたいと思います。

f:id:dameo-koukan:20170705184026p:plain

相変わらず政治や都政に無関心な都民

よくも悪くもコレが都民の意思なのでしょうが、私の意見としてはこれがすべてでした。

舛添元都知事のときもそうでしたが非常に都民というのは大多数都政に対して関心が薄く行動力が伴わない、周りの雰囲気で選ぶか、事が起こってから出ないと動かない感が否めません。

確かに今回自民は加計問題やその後の各閣僚の失言などさまざまな問題が露呈して支持を落としていましたが、それを考えてもあまりにも極端です。

都民ファーストが悪いわけではないですが、これからの都政を新人が7割の党に任せなくてはいけない、この事実を知っている人はどれだけいるのだろうかと考えてしまいます。

 

選挙前に見えた都民ファーストの顔

そして私がもっとも心配な事は都民ファーストの実行力です。

というのも現状の成果からするとそう見えざるを得ないというところで、去年に都知事になってから都政に巣くっていた不確定要素を取り除いてくれたことは非常によかったのですが、それ以降とんと動きが見えず(メディアが内閣批判しかとりあげなかったこともありますが)築地移転やオリンピック準備など全く伝わってきませんでした。

 

そして最近選挙直前での築地移転問題についての発表。

見栄えだけはいい内容で、移転反対はと賛成はのどちらにもいい顔が出来るものでしたが、これは明らかに選挙まえのリップサービスにしか聞こえません。

現実的に移転後の築地跡地の整備の費用や再開発のための投資はどこが行い、現時点企業はどれだけの価値を築地に感じていてすくにでも参入してくれるのか、それだけの話がまとまっていての発言であれば納得は出来ますが、そのような情報は全く聞きません。

そもそもオリンピック前ならいざ知らず再開発はおそらくオリンピック後に始まることを考えると、企業としてはまずオリンピック関連事業に飛びつくはずで築地再開発は明らかに後回しになるのでは無いでしょうか。

つまりここまで見ても都民ファーストの実績はあまりに不透明であり、都議会の体制の正常化と選挙前に発表した移転の決断くらいしか無いわけです。

 大きくなるために取り込んだ不確定要素

そして一体どれだけの人か認識しているか、ですが。

民進党の議員だけでも8名、今回都民ファーストとして当選しているのです。(ここら辺がほんとに都民こそが都政に興味を持っていないと感じるところですが)

そして39名の新人都議会議員、彼らは小池百合子都知事が代表の都民ファーストにあつまったはずなのに早々に小池都知事都民ファーストの代表を降りてしまいました。

ここも最近の動きは選挙対策であったのだなあと、感じざるを得ないところです。

 

と言ってきたものの

不安はあります、が、小池百合子都知事にはがんばって頂きたい。オリンピックに向けて都政も含めてよりよくしてもらいたいものです。

コレからを見ても、自民党一強の現状は健全なものではないのは間違いありません、今はよくてもいずれまた昔の自民に戻ってしまうかもしれない、そうしたときに自民党が気を抜けない相手がいなくてはいけない。

抵抗勢力がいない現状、こういった勢いのある人にはがんばってほしいと思います。

 

 

最後に 

今回は都民ファーストに焦点を当てましたが、ほかにも知っておくべき点として共産党議席が増えている点です、共産党議席が伸びて私たちにいいことなんてひとつもありませんからね、自民の議席を共産に持っていかれたことは今は直ちに影響があるわけではありませんがいいことではありません。

そしてこれから東京は築地移転やオリンピックといった大きなイベントが控えており、本当に大切な時期になります、つまり私たち都民の目が、関心がとても大切になります。

抵抗勢力、反政府勢力は一般支持層にくらべれば数は少ないですが、常に彼らは行動しています、そんな中私たちも関心があることを示していかないとすぐに傾いてしまいます、都政も含めて政治はアクティブな支持者がどれだけいるかが大切だからです。

考えているだけで行動に出さないなんて論外です。

しかし悲しいことに都民は現状このタイプの人が大半です、そんな方々に少しでも知ってもらうためのブログ活動なのですが。

少しでも多くの人が関心を持ってもらえるよう情報発信を続けて生きたいと思います。

日本の最大野党はなにか勘違いをしているのではないか

こんにちわ

廣です。

最近テロ等準備が可決してから直後内閣支持率が急落をして、マスコミや一部野党が非常ににぎわっているようです。

確かに今回は内閣の支持率は落ち、産経含めた各新聞社が支持率低下を伝えました。考えていたよりも大きく下がっており、私は正直驚きました。

しかし大事なことは「では変わりにどこが支持されたのか、ほかにどの政党が自民より評価されたのか」ということでは無いでしょうか、私は常々この批判の先にはなにがあるのだろうかと疑問を持っておりました。

結果として各政党の支持率は変わらず

そう、問題とするのならば本来はここであるべきだと思うのです、確かに安倍内閣の支持率は下がりましたが、野党のどこかがそれに応じてあがったわけではないのです。

それはつまり国会での取り組みが正確に国民に伝わっていないということの現われではないかと思うのです、あれだけマスコミが批判した安倍内閣はついに支持率を落としましたが、事実各政党別の支持率はほぼ変わらず横ばいなのです。

昨今当たり前のように世界各地のテロ事件のニュースが舞い込んでくる中、やっと日本にもテロ等準備罪という大切な法案が通過したというのに、コレだけ時間を使って進めてきたというのに、国民に与えた印象がこのような結果だけとはなんとも、悲しいことだと思います。

野党の役割

そもそも野党というのは多数意見になれなかった少数意見を国会の反映させるという大切な役割があるのではないでしょうか、多数意見だけが反映され少数が淘汰されるなんて事はあってはなりませんから、少数意見も国民の意見なので当たり前ですね。

ですがどうしてそれが内閣打倒につながるのでしょうか、ミスリードや偽造、捏造、でっち上げ、審議拒否、あのてこの手で妨害し国会審議を滞らせることは決して彼らの役割ではありません。

 

多数意見だけでなく少数意見も多数はとすり合わせ、加味してなるべく多くの国民を意思を国政に反映させること、それが野党の役割なのではないでしょうか。

決してありもしないスキャンダルや印象操作で内閣を打倒して政権をとるためにいるのではない、絶対に違うと確信します。

わが国の最大野党はこの部分を勘違いしている

私は今回のこの件、嬉々として報道、騒ぎたてているマスコミや一部野党に憤りを感じざるを得ません。

そもそも下がった下がったと騒ぐ前に自身の党の支持率を一回見たりしないのでしょうか、最大野党でありながら最近一桁台の支持率を安定させている見たいですが、、

最後に

もちろん安倍内閣はすべて正しく、野党が誤りである、なんて微塵も思っていません。

しかし現状の政党のなかで一番バランスよく国を見ているのは、また動かせるのは間違いなく今の与党でありその他政党はまず無理でしょう。

また国政だけでしか見てない人も多いですが、もともと外交が苦手な日本にしてはいまの安倍内閣はかなり外交で結果を残している政権で、とにかく最近の内閣の中ではバランスがよい。

つまり対抗馬が皆無な現状、日本にとって安倍政権以外はマイナスにしかなりえないのではないかとおもっています、出来るできないは別として今は打倒するべき時ではないでしょう。

ただ安倍内閣がすき放題にするべきだとは思っていません、やはり加計疑念のときの調査対応やかけられた問題への向き合い方がおざなりであった事は否めません。

こんなつまらないことでつまずいてほしくないのでここはしっかり対応してほしいものです。

野党は、、揚げ足取りや印象操作ではなく対案をもってしっかりけん制をしてほしいですね、健全な国会運営を切に願います。

 

 

駄文失礼しました。

 

テロ等準備罪 成立

こんにちは

廣です。

ついにテロ等準備罪が成立しましたね、まさか夜通しになるとは、、、本当に自民、公明、維新の議員さんはお疲れ様でした。

案の定思いつく限りの妨害をしてきた民進党でした、自民も中間報告という普段あまり使われない手続きで対応をしていましたが、これも致し方ないような気がします。

※中間報告とはざっくりいうと出された案に対して本来は①委員会で審議②本会議で決議と二段階踏むのですが①を飛ばして②からはじめる手続きです。

 

さて、中間報告を受けさらに反発を強めた野党の抵抗の内容です。

6月14日 10時から参議院本会議

上記の内閣不信任案が出された時点で21時を過ぎており、松野博一文部科学大臣安倍内閣不信任案が否決されたときには既に深夜2時頃となっていました、またコレだけではなく民進党はまだ女性議員による肉の壁作戦や牛歩投票を行い本当に手段を選ばず妨害に徹していました。

まとめ

すべてが終わったのは6月15日午前8時前、夜通しの戦いとなりました。

朝起きてニュースを確認し衝動的に作成したので間違いがあったらすみません、内容もまとまらず言いたいことも言えておらず、駄文を失礼しました。見ていただいた方々ありがとうございます。

 

今私たちの国の国会議員のうち何割が本当に日本のことを考えているのか、政治がよくわからない人でもなんとなく伝わるそんな一幕だったのではないでしょうか。

6月14日 テロ等準備罪 参議院国会中継

ぜひ興味のある方は調べてみてください。

 

審議妨害、悪質極まりない

こんにちは

廣です。

6月13日の国会審議にて民進党の審議妨害がまた激化してきました、今までも牛歩や肉の壁や、議長からマイクを奪取など様々な妨害をしてきましたが、今回もきついものをぶっこんできました。

 

他党質疑中に問責決議案を提出する民進党議員

衆議院法務委員会にて維新の会、東徹議員の質疑が始まると民進党の真山議員がかぶせる様に金田法務大臣の問責決議案を提出。

当然東徹議員は注意をしますが、そのまま議長の判断で速記がとまり暫時休憩に入ってしまい解散となりました。

 事実東徹議員の質疑時間をつぶした結果となりました。

 

内閣委員会にて大声で威嚇

民進党の質疑終了後、審議が進まないように大声を出し審議妨害。

山本太郎含む民進党議員たちによる罵声妨害により審議は中断、そのまま休憩に。

 

 

民主主義への冒涜

いつもながらこの政党ほど民主主義を叫びながら民主主義を理解できていない政党はないのではないでしょうか。

民主主義はどこまで行っても多数決です、彼らはよく少数意見蔑ろにされてはいけない、と言っておりますが、では少数意見のために多数意見が蔑ろにされてもいいのでしょうか?

確かに少数意見が正解で多数意見が間違えの場合もあります、現に以前日本では民意により政権交代が起こり結果大混乱の時代がありました。

しかしそれも民意、そしてその間違いに気付いた国民は、次の選挙で全てではないにしろ、しかし確実に民意を反映させ軌道修正をしました。(現在進行形ですが)

よくも悪くもこれが民主主義ではないのか、少なくとも少数意見派が多数意見に抵抗するのであれば、少数意見の内容を納得のいく説明と提案で支持を集めて多数側になることが正解であり、主張する内容が正しければそれが可能な仕組みこそが民主主義なのではないでしょうか。

まとめ

国会議員というのは国民の代表であり、一人一人が数万、又は数十万の民意を背負って議会に立っています。

今回の維新の会の、東徹議員の質疑の時間を妨害したこの意味を理解できていない民進党は民主主義というフレーズを二度と使ってほしくないものです。

疑惑を持たれたほうが疑惑を証明しろって、、

こんにちは

廣です。

今回は森友問題のときからちょくちょく出てくる不可思議なワードについて、超個人的な感想です、駄文なのであしからず。

 

疑惑を持たれたら持たれた側が潔白を証明しろ。

この発言です。

マスコミ、某新聞社、民進党が森友問題のときから使っているワードですね。

主に政府に調査を依頼、調査結果が出てそれに野党が納得出来ないときに使っている印象ですね。

 

あまりTVではクローズアップされて放送されていないかもしれないのですが(あからさまにおかしいので)なんともこんな事言ったこともないのでこの発言の意図が明確にわからないのです、、、

「疑惑をかけられた側は容疑者だから弁解するためには当人が潔白を証明しなければいけない、証明できなかったら黒」って思考なんですかね。

森友問題以外にも最近また同じ構図で加計学園問題でもいってました、怪文章の再調査を拒否されたときにいってました。

 

しかしながらとんでもない発言です。

 

そんなことしたら世の中吹っかけたもの勝ち、いったもん勝ちになってしまいます、民進党はまだ2009年の時の感覚で「後はメディアでうまく放送してくれる」と考え、またそれが国民をだますことが出来ると考えているのでしょうか。

当たり前ですが、本来は疑惑があると発言した側がそれを裏付ける証拠を用意して詰めていくのだとおもっていました。

この理屈を大真面目に国会で言ってのける彼ら、これはこれですごいですね、私なら発言する前に意味を考えてしまいます。

 

まとめ

私たちの税金で行われている国会審議、もう少し意味のある審議をしてほしいと切に願うばかりです。

それと民進党はこれ以上疑惑を持たれたら持たれた側が潔白を証明しろ。というのであれば、

辻元議員

森友問題での作業員派遣疑惑

学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」の14億値引き疑惑

東北義捐金3600億円の行方(当時辻元議員が責任者)

蓮方代表

二重国籍疑惑

 

とりあえずこれくらいは自身の発言にそって潔白を証明してもらいたいものです。

それと以前書かせて頂いた国会中継の件ですが、YouTubeにて「国会中継」と検索すれば質疑時間区切りの動画がたくさんあります、2~30分ほどで見れますのでよかったら

 

それでは失礼しました。