ゆとりが物申す

政治について個人的に意見を述べていきます

政治に関心を

初めましてこんにちは 

廣です。

突然ですがあなたは政治に興味がありますか?

私は携帯をひらけばまず政治のニュースを調べるくらいには興味を持っております。

 

特に最近は北朝鮮問題や森友、籠池氏の証人喚問や、テロ等準備罪(共謀罪)など話題が尽きず関連ニュースを見ているだけで昼休みが終わってしまうほどです。

 

森友問題などは連日メディアでもしつこいくらい取り上げられていますのでなんとなく興味をもっているのではないでしょうか。

すごいですよね、すぐ横では北朝鮮が戦争でもはじめんばかりの危ないときに日本のメディアは森友問題、ミサイル発射されてもテロ等準備罪の反対報道、本当にここ最近は報道に偏りや不誠実さが目立っており、特に戦争やテロのリスクを目の前にこの報道体制は戦慄すら覚えております。

 

政治に興味をもったきっかけ

実はそもそも私が政治に興味をもったのはこの偏った報道がきっかけでした、あれは忘れもしない民主党政権が誕生してしまった2009年、まるで与党が悪役、野党は正義かのような構図を意識した報道が連日続きそれを鵜呑みにしてしまった国民により政権交代がなされました。

 

正直、あんな子供騙しじみた悪口のような報道で(漢字間違いとか昼ごはんの額とか、庶民感覚がどうとか、)政権交代なんてあり得ないだろうと考えていましたが蓋を開ければなんと民主党の圧勝と、非常に不快な気持ちになったのを覚えております。

 

当時は大学生一年、投票が出来るようになってからの初めましての選挙でした。

 

失われた三年間なぜ

 

民主党政権誕生、2009年から2012年の間はまさに地獄のようでした、経済は停滞し、国の借金は増え、就職率は落ち、日本の品位は落ち、当時はどの国からも不安定な国だと思われていた事でしょう。

 

どうしてあのような事になってしまったのでしょうか、私が思うにあの当時の情報の出所はTVでありメディアの影響力がとても強かった事と、インターネットと言う第3のメディアが普及していなかった事が大きな理由ではないかと、そして少なからず「どこがなっても同じだろう」という無関心さが手軽な情報に惑わされた要因になったのだと思います。

 

そこから学んだ事

 

 まず政治に関心を持つ事と、自分で調べる事、この大切さに気付かされた三年間でした。

そして何より、情報収集媒体を複数持つ事、これにより情報の出所や公平性を見る事ができます。

 

言葉にすると非常に難しいように思われるでしょう、実際ひと昔前ならTVを見て新聞をみてpcで公式ニュースを確認して、大変です。

しかし実は今は簡単に出来ます。

8年前とは違い、スマートフォンという万能アイテムが人々に普及し、またネット環境は断然良くなり好きな時に好きな情報を即座に集めることが出来る今であれば、複数媒体から情報を集めるのはわけなく出来るでしょう。

 

そんな今だからこそ、私がブログを始めた理由がここにあります。

 

 情報発信を

 

関心をもち調べる、かと言ってそんなに余裕のない方だっているはずです、そんな方々のために、わかりやすく簡単にブログを通して発信していけたらなぁと考えております。

 

前置きがながくなりましたが、よろしくお願いします。