ゆとりが物申す

政治について個人的に意見を述べていきます

一度は見てみましょう!ノーカット国会中継、編集なし国会審議

私たちの1票の重みを変える事は出来ませんが、意味のある1票にすることは出来ます。前の選挙でどこの政党にいれるか迷った方はぜひ一度、国会中継を見て見ましょう!

 

こんにちは、廣です。

 

「政治っていまいち何してるかわからない」「選挙のときは政権放送くらいはみる」「暇なときにテレビのニュースで確認」こんな感じの方、多いのではないでしょうか。

 

もちろん選挙などが近くなって関心を持つことはいいことなんですが、今回は今みたいに与党、野党がやりあっているこのタイミングで国会中継を見ていただきたく事こそ、政党の体質、議員の質を推し量る絶好のチャンスです!

とお伝えするべく、今回の記事とさせていただきます。

 

なぜ国会中継

国会中継というのはテレビ局の手が加わることなくリアルの議論が目に出来る貴重な機会です。興味ない方からするとすっごい時間の浪費に感じられるかも知れませんが、私がコレをすすめるには理由があります。

 

まず国会中継や審議は見ようと思えばTVでも確かに見ることが出来ますが、こういっては何ですがTVで流れる情報というのはテレビ局の都合を反映し編集された情報として放送されますので、政治関連の報道に関してはあまり正確な情報で無いことがあります。(※もちろんその他の情報は正確だったり、情報が早かったりと依然大切な情報源であることには変わりありません

 

これは陰謀論やうわさなどではないのです。

理由は考えてみれば不思議なことではなく実に明快「テレビはビジネスでありもっとも大口のスポンサーの有利な情報を流す、また逆もしかりで不利になる情報は報道を控える」ということです。

 

慈善活動でなく飯の種としてやっている事なのでしかたないのかなぁ、と私自身は理解できます。(理解できるだけで信用はしませんが)

 

傾向としては政治関連や犯罪、事件の犯人特定人種だったり、、こういうときはフィルターがかかる時があります。最近は特に飛ばしていますね政治系には常時フィルターがかかっているように思います、もっていきたい方向性だ駄々漏れなのはある意味わかりやすくてしたたかにされるよりはいいかもしれませんが、、

 

長くなりましたが、つまり報道ニュースで確認するとある議員さんのイメージが意図的に下げられていたり、またある議員さんは意味の無いことをいかにも重要にかっこよく報道されてたりして正確な判断基準にならないと感じるので、それだったら一回国会中継みてもらったほうが議員さんはもちろん、各政党の姿勢というのがずっと鮮明に感じ取れるかと思うわけです。

 

最後に

この記事を見ている方は2009年の政権交代の件を覚えていらっしゃる人も多いかと思いますが、あの時国民が国会中継や【麻生元総理と当時鳩山代表党首討論】を見ていたら地獄の3年は無かったのではないか、私は今もそう思えてしかたありません。(当時マスコミはこの【麻生元総理と当時鳩山代表党首討論】のノーカット放送を拒否しておりますのでネット等でしかこの動画は見れませんでした)

 

以前のようなことを起こさないためにも個人個人が政治に関心を持つことが大切だと思います、もちろん私もそのお手伝いのため情報発信を続けていきます。